基本はほとんど変わっていません。


濾過はエーハイムの外部フィルター。

その中にバイオペレット入れて硝酸塩とリン酸塩を下げてます。


自作のエアーリフト式プロテインスキマーは無くてもいいかもしれません。

何ヶ月も詰まったまま動かさずに放置したけどサンゴに影響はありませんでした。


照明は安いチャイナLED。

色とかこだわらずに育てるだけならこれでも十分な感じ。

ただやはり壊れやすい。


ボーテックの水流ポンプ。

最高!の一言に尽きる。


添加してるのはこれだけになりました。




BULK REEF SUPPLYのcalcium chlorideとsoda ashを

ドージングポンプ添加するシステムは強力で、

自作のカルシウムリアクターで試行錯誤していた時と比べると、ものすごい安定感です。

1年以上前から水換えも1ヶ月に1回10リットルくらいしかやらなくなりました。

下手するとそれすらめんどくさくて、2ヶ月くらい放置したことも・・・


カルシウムはBRSのがついに無くなりアマゾンで食品添加物の塩化カルシウムを

500g900円弱くらいで買って使い始めました。

3ヶ月くらいたつけど今のところ問題は無さそうです。

楽天でみると25キロ4200円くらいなんですが小型水槽では確実に使いきれません。

何百リットルもカルシウム添加剤ができてしまいます・・・


ソーダもBRSのが切れる寸前で、こちらもアマゾンで炭酸ナトリウムを手配しました。

来年の始め頃からコレを添加することになります。

問題無いといいのですが・・・


ニガリ。

マグネシウムやらカリウムやら他に微量元素も含まれてる。

そのままだと何故かドージングポンプのパイプ内で気泡が発生したり結晶ができたり

出なくなることが多かったので水で薄めて使ってます。


あとは毎日様子見ながら手動添加のアミノ酸とビタミン。

2つ入れるのはめんどくさいので3:1くらいであらかじめ混合しておき、

それをスポイト容器に入れて使っています。


他のRCPとかZEOだとかパクテリアとかヨウ素とかは一切添加しなくなりました。

毎日何種類もポタポタとか自分には無理でしたw

無くても特に問題は無さそうです。


あと重要なのがカクレクマノミを飼うことw

2度程マグネシウム不足で異常なphになったことがありましたが、

クマノミの身体が肌荒れすることで何かおかしいなと察知することができました。

他の魚にはなにも起こってないのにクマノミだけ真っ先におかしくなります。

イソギンの毒から守る膜があるらしいですが、それが弱いのか?

とにかくカクレクマノミは水槽のアイドルであり救世主でもあります(≧∇≦)b







にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2016_12_25

現在の水槽

category: 未分類  

だいぶ放置しましたが、水面到達記念に現在の水槽をアップします。

20161223173235e1d.jpg



2年前がこれですから、だいぶ成長しました。



その影で光が当たらなくなりいくつかダメになったサンゴもあります。

影になろうが接触してハゲようが基本は放置でした。


ですが、奥行き30センチしかないのにウミキノコとトゲサンゴが

直径20センチくらいになってしまい、うまく水が回らなくなり、

トゲサンゴが下からだいぶハゲてきたので捨てました。






またここから育て直します。





もう手前のガラス面にもガッツリ






奥のガラス面にもガッツリ







サンゴ同士もガッツリとくっついてしまっています。





もう崩壊するまでこのレイアウトで心中するしかなさそうです。








にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村


2016_12_23


04  « 2016_12 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Author:ぺー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top